配送

人に会わずに出荷できるメルカリのPUDOステーションでの発送方法

メルカリで売れた商品を発送するにはヤマト・郵便局などの営業所かコンビニから発送するのが一般的ですが、メルカリ便であれば人に会わずに宅配ボックスのような箱に入れておくだけで発送できる便利なPUDOステーションでの発送が利用できます。

PUDO(プドー)ステーションとは

PUDOステーションとはスーパーや駅などの人が集まる場所に設置されているコインロッカー(※利用にお金は必要ありません)のような形をしたボックスで、時間の都合上、自宅で荷物を受け取るのが難しい人のために好きな場所で好きな時間に荷物を受け取ることができるロッカーです。

メルカリ便ではPUDOステーションを使って、受け取りだけでなく発送も対応できるようになりました。

PUDOステーションでの発送方法

発送方法は非常に簡単でQRコードを読み込み、到着日を指定するだけとなります。

まず、メルカリアプリで売れた商品のページを開き、「コンビニ・宅配ロッカーから発送」を選びます。

宅配ロッカーPUDO

サイズと商品名を入力します。

ちなみに商品名に関しては、何を購入したか知られたくない方もいる場合があるので、商品のカテゴリを入力することをおすすめします。

例)SDカードの場合→カメラ部品など

そしてQRコードが表示し、PUDOステーショの画面で発送を選択するとバーコードをスキャンしてくださいと表示されるので、黒い部分にQRコードをかざします。

そしてPUDOステーションの画面で配送日時を選択し、荷物のサイズを選びます。

サイズを選ぶと下の画像のようにロッカーが自動的に開くので、商品を入れてロッカーを閉めます。

もしロッカーに商品が入らない場合は、サイズの選択をやり直すことも可能です。

ロッカーを閉めたら、最終確認の画面が表示されるのでOKを押して完了となります。

ヤマトや郵便局などで発送すると商品に貼る用紙が印刷されるのですが、PUDOステーションからの発送の場合は用紙はありません。

集荷に来たヤマトの方が対応しますのでペーパーレスとなります。

あとはアプリで発送の通知を行えば完了となります。

ちなみにメッセージ機能を使い、購入者に発送した旨を送ると親切です。

らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便の違いについて解説メルカリの特徴として匿名で取り引きができるという点があります。 匿名のため出品者・購入者ともに知られるのはハンドルネームのみのため...