価格設定

価格交渉に応じるために売りたい額より数百円高く出品しよう!

メルカリはネットショップと違い”フリマ”ということもあり、値下げ交渉をされることが多々あります。

もちろん「こちらの商品はお値下げ不可となります」と断っても構いませんが、値下げ交渉のコメントをするということは購買意欲を持っている人ということですので、値下げ交渉に応じる事によって商品が売れる可能性が高くなります。

そこでおすすめなのが、本当に売りたい価格の数百円高く出品するという方法です。

値下げは100~500円程度でOK!

・こちらの商品を購入したいのですが、お値下げ可能でしょうか?

・◯◯円お値下げしていただけますでしょうか?

・◯◯円で即決したいです。

このような内容が値下げ交渉コメントの多くを占めるのですが、コメント通りに全て価格を変更する必要はありません。

「500円お値下げできますでしょうか?」

「5,000円で即決したいです。」

のような金額を指定された場合でも、

「500円は難しいですが200円のお値下げであれば大丈夫です!」

「5,000円は難しいですが、5,500円であれば大丈夫です!(5,800円で出品していた場合)」

のように、指定された金額よりも割引額を少なくしたとしても値下げ交渉に対応してくれたということだけで売れることも多くあります。

値下げに対応できるように売りたい価格よりも少し高く出品しよう!

ただ、指定された金額に100%対応しなかった場合、「検討します」と購入されない場合ももちろんありますので、売りたい金額よりも少し高めに設定することをおすすめします。

・1,500円で売りたい場合→1,800円

・3,000円で売りたい場合→3,300円

・5,000円で売りたい場合→5,600円

・10,000円で売りたい場合→10,800円

これくらい少し高めに設定すれば100~500円程度の値下げ交渉に対応することができます。

また、値下げ交渉無しで購入する方も多くいらっしゃいますので、その場合は想定よりも高く売れることもあります。

最後になりますが、値下げする金額としては出品額の5~8%が目安ですので、利益を得る目的で出品している場合にはそれ以上の値下げは断ることも必要です。

不用品で売れさえすればいいと言う場合には別ですが、基本的に送料は出品者が持つ場合が多いため、コンパクトBOXに入るサイズであれば450円(らくらくメルカリ便の場合)、それ以上の大きさであれば700円~となりますので、それ以上の価格で販売することをおすすめします。

※送料は商品の売上金から自動的に差し引かれます

らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便の違いについて解説メルカリの特徴として匿名で取り引きができるという点があります。 匿名のため出品者・購入者ともに知られるのはハンドルネームのみのため...